富士インキ製造株式会社 フリーダイヤル
トップページ サイトマップ お問い合わせ
トップページ
製品案内
Q&A
用語集
採用情報
リンク
お問い合わせ
サイトマップ
新製品情報
↑新製品情報バイオプリントについてのPDF資料絶賛配布中。PDFサイズ(2MB)
環境への取り組み
NLマーク ソイシール(Contains Soy Protein)
会社概要 沿革 事業方針

沿革
1952 製袋用インキ製造を目的とし、東京都文京区千駄木に資本金30万円をもって、富士インキ合資会社を設立。
1960 九州地区の需要に対応する為、門司工場を新設し操業。
1963 資本金50万円をもって、富士インキ製造株式会社を設立。
富士インキ合資会社を吸収合併し組織変更を行う。資本金80万円。
1967 大阪地区の需要に対応する為、茨木市に大阪工場を新設し操業。
1972 需要増加に伴い、埼玉県朝霞市に東京工場を移転。
1976 フレキソインキ輸出開始。
1977 新タイプインキ研究開発・生産容量拡大の為、東京工場を埼玉県東松山工業団地に移転。
1982 生産効率化の為、大阪需要分を東京工場に移管し、松原市別所に大阪営業所を新設。
1991 CCM(カラーマッチング・システム)導入。
1996 本社を東京都豊島区巣鴨に移転。
2000 Soyインキ取扱い開始。
2003 合理化の為、各事業所・工場を本社・東京工場に統合。
2004 バイオプリント(害虫忌避剤)取扱い開始。
2005 本社を東京都豊島区南大塚に移転。
2006 新東京工場竣工により、生産設備増強。
2007 フレキソ自動調合装置システムの販売開始。
2009 本社を埼玉県東松山工業団地に移転、東京営業所を豊島区南大塚に開設。
2012 工場に廃水処理施設を新設。

ページトップへ

Copyright (C) 2005 FUJI INK MANUFACTURING CO.,LTD.