富士インキ製造株式会社 フリーダイヤル
トップページ サイトマップ お問い合わせ
トップページ
会社案内
製品案内
Q&A
用語集
採用情報
リンク
お問い合わせ
サイトマップ
新製品情報
↑新製品情報バイオプリントについてのPDF資料絶賛配布中。PDFサイズ(2MB)
環境への取り組み
NLマーク ソイシール(Contains Soy Protein)
製品案内
重袋クラフト紙用インキ(水性インキ) 重袋クラフト紙用インキ(油性インキ)
角底・包装紙用インキ(水性インキ) オーバープリントニス各種特性一覧
段ボール用インキ(水性インキ)  

重袋クラフト紙用インキ(油性インキ)
インキタイプ名 主特性 使用特性
巻取タイプ 油性KIカラーインキ ●艶があり、濃度感がある
●耐水性に優れる
適度の流動性(固さ、伸び)を保ち均一なインキ盛りが可能
巷取-不滑性タイプ 防滑性が良い ●巷取インキよりも滑りにくい
巷取-耐摩性タイプ 耐摩性が良い ●巷取インキよりも色落ちが少ない
巻取-重ね用タイプ 同時重ね刷り性が良い ●巻取インキよりも重ね印刷性が良好
巷取-サラシ用タイプ 裏移りが少ない ●印刷面が平滑で艶がある、裏移りの目立つ晒原紙に向く
巷取-FABタイプ 裏移り低減 ●濃度があり薄盛り印刷が可能
油溶性タイプの為、機械、インキつぼ、版胴及び練りロールの洗浄には、専用の油性洗浄又は石油系溶剤(ホワイトガソリン等)をご使用下さい。 また、乾燥被膜は溶解しませんので、印刷終了後、速やかに洗浄して下さい。
厚盛り印刷は、乾燥を遅くし、裏移りを多くしますので、薄盛り印刷をして下さい。

重袋クラフト紙用インキ(油性インキ)
インキタイプ名 主特性 使用特性
巷取-耐熱性タイプ ラミネート適性が良い ●アフターラミネート加工に適する
●高濃度タイプでシボリ易い
油溶性タイプの為、機械、インキつぼ、版胴及び練りロールの洗浄には、専用の油性洗浄又は石油系溶剤(ホワイトガソリン等)をご使用下さい。
必要以上の厚盛り印刷はラミネート加工の接着を悪くするため、薄盛り印刷をして下さい。

重袋クラフト紙用インキ(油性インキ)
インキタイプ名 主特性 使用特性
FSタイプ 乾燥性が良い ●防滑性がある
●同時重ね刷りが可能
FS-すべり止めタイプ 防滑性に優れる ●半透明
速乾性タイプ FSよりも艶があり耐摩性に優れる ●裏移りが少ない
●同時重ね刷りが可能
FSインキ(速乾性インキ)は油性インキと混合しない為、印刷開始前及び、印刷終了後、充分に印刷ロールの洗浄を行って下さい。
油性インキがFSインキ(速乾性インキ)に少量混じった場合は、ゲル化が起こり、印刷面がチョーキングを起こす場合もあります。洗浄には揮発性のもの(アルコール頬)をご使用下さい。
湿度を極端に嫌うものですから、インキの長期保存は避けて下さい。
油性インキとは全く組成が違う為、同時重ね刷り印刷は避けて下さい。

ページトップへ

Copyright (C) 2005 FUJI INK MANUFACTURING CO.,LTD.